女子大生(20)~1日1.5食&ミニマム日記~

1日1.5食、白湯、玄米、添加物&動物性ゼロ、家事、坐禅、読書

7月 愛用事(読書11(映画))

こんにちは、大学2年生 chiiです。

 
昨日は母とラクダ書店さんに行ってきました。
 
読んだ本は…”脳男”です。
 

脳男 (講談社文庫)

 
最近は小説にはまっています。
 
分厚い本だったので全部は読めず、
続きが気になったのでDVDを借りました!
 

f:id:chiichii5116:20160725131610j:plain

f:id:chiichii5116:20160725131328j:plain

 
 
主演の推理サスペンス映画。
 
映画を見てもらうと分かるのですが、
キャストの演技力・アクションシーン・爆破CG等、
迫力満点・スリル満点の作品でした!!
 
 
~あらすじ~
 
都内で連続爆破事件が発生。
 
事件の捜査に関わる刑事・茶屋(江口洋介さん)達は、
犯人の動機・証拠などを掴めず捜査は難航していた。
 
そして犯人を突き止めることができるが、
犯人はアジトを爆破して逃走してしまう。
 
アジトには鈴木一郎(生田斗真さん)が立っており、
茶屋はその場で一郎を逮捕する。
 
精神科医・鷲谷真梨子(松雪泰子さん)は
一郎の精神鑑定をする事になったが、
無痛症でロボットのように正確な行動や発言を奇妙に感じ、
一郎の過去を調べる事になる。
 
調べた結果一郎は生まれつき感情がなく、
指示を出さなければ何も出来なかった事が明らかに。
 
一度覚えた事は必ず忘れない知能の高さから、
祖父に育てられた一郎は、
正義の殺人ロボットへと仕立てあげられた。
 
その話を聞いた茶屋は、
あの時一郎がアジトにいたのは、
爆破事件の真犯人を殺そうとしたのではないかと考える。
 
一郎の精神鑑定が終わり護送している時、
真犯人・緑川紀子(二階堂ふみ)達に襲われ一時大混乱。
 
混乱に紛れ一郎と緑川はそれぞれ姿を消してしまう。
 
緑川は鷲谷を人質に取り、
病院中に爆弾を仕掛け立てこもることに。
 
壮絶な戦いで一郎と茶屋が鷲谷を救う。
 
緑川の首を絞め殺そうとした一郎に、
”もう誰も殺さないで、あなたは殺人ロボットではないの”
と鷲谷は泣き叫びながら訴える。
 
精神鑑定時に真剣に一郎の心と向き合い、
最後は一郎のために泣き叫び悪意を止めてくれた鷲谷。
 
その鷲谷の心に、
一郎の心が動き手を止める。
 
緑川は茶屋が撃ち殺し、
連続爆破連続は幕を閉じるのだった。
 
一郎は自分の感情を引き出してくれた鷲谷に感謝の気持ちを持つ。
 
最後には人間の感情のようなものを自発的に持てたのだった。
 
 
こんな感じです。
 
伝わったでしょうか?
 
生田斗真さんの無感情の静かな演技や、他のキャストのリアリティ感もすごかったです。
 
アクションシーンも迫力がありすぎて、
何度も目をつぶりました(笑)
 
本を少し読んでから映画を見ると、
内容に入りやすいので良いですね。
 
とても面白い作品でした!
 
皆さんも是非♪
 

chiichii5116.hatenablog.com

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました♡
 
2015年の記事はコチラからどうぞ♡

 

脳男 [レンタル落ち]

広告を非表示にする